*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おとうさんといっしょ♪ (長いです)

きょうは、写真を載せられないことがヒジョーに悔やまれる。

“コレはシャッターチャンスだ”と思ってデジカメを構えると

メモリーがいっぱいです、ときたもんだ。

仕方なく諦めた。

ベランダから見下ろした光景を、撮り逃したことを悔やんでいます。

                                                    *******

最近、週末になると

私は、ダンナにムスメを任せて

一人で家に残り、ゆっくりと掃除や洗濯などさせてもらっている。

ダンナも、せっかくの休日なのに早起きして

ムスメと遊ぶことを楽しんでくれているようだ。

でもこれは

我が家のことだけではなかった。

そう。

今日、私がベランダから外を見ると

そこには、おとうさんだらけ!だったのです。

どうみても、『追い出された』おとうさんたち(爆)

子供と遊ぶのが楽しいといっても

「お願い、外に行ってきて」と言われて出てきているというわけ。

それが、なんとも微笑ましい・・・ってゆーか、

思わずププッと笑ってしまうような集団がそこにいた。

                                                   *******

強面のおじさんたちが、

我が子以外の子供たちにも笑顔を向けている。

笑える。

                                                    *******

一人の子が、補助輪つき自転車から派手に落ちて、泣いていた。

鳴き声が聞こえたので思わずまたベランダに出てのぞいてみた。

みんな輪になってその子に「ダイジョーブダイジョーブ」って言ってる。

ダンナにあとで聞いてみると

その子のおとうさんは、ちょっぴりアセアセだったらしい。

頭を打ってしまったようなので、それは確かに心配だけど

父親は、母親よりそういうとき動揺しちゃうのかもなぁ

どうして良いかわからなかった様子だと言ってた。

・・・あなたは大丈夫なのかいな(^^)

                                                    *******

社宅の子たちは、ムスメと同じ歳の子がほかに二人

一つ上の男の子が3人いる。

そのうち、一人の男の子が、少々乱暴でキケン。

ボールやオモチャを取りあげちゃうだけならまだしも

追いかけてきて突き飛ばしたりするし、ちょっと怖い。

ダンナも、この子が一緒に遊ぶときは注意が必要だなと言っていた。

週末だけでも、妻と夫が交代して子供と一緒に過ごすことで

私たち母親が普段感じていることを知ってもらえるのは

とてもいいことだ。

おとうさんといっしょ♪大賛成だわっ

                                                    *******

私は、ふだん、ムスメには当然そうしているが

よその子に対しても、けっこう平気で注意をする。

当たり前のようで、ほかのママはあまりしない。

階段を上っちゃっていたり、

駐車場に止まっている車にベタベタ触ったり

「ほら!危ないから降りておいで!」

「触ったら車が吠える(←警報機)からこっちおいで!」

など、言葉を選びつつだけど。

私だけなんだよね、ホント。

ほかのママもしてくれると少し助かるんだけど

優しく促すだけだから、子供たちは毎日同じ事する。

いや、同じ事するのは

年齢的にまだ仕方ないって承知しているんだけど

・・・言おうよ、もうチョットさ(^^;

こないだ、ほかのママに言ったんです。

怖がられてもイイ、おにばば役は私が引き受けるわ(^^)と。

だれかれかまわず怒ってやる!って(爆)

だって・・・

公園で遊んでる訳じゃなく、社宅の前の駐車場で遊んでるわけで

近所にはお年寄りも多いし、

犬の散歩や自転車で通る方々に迷惑もかけてしまっているわけだし

奇声をあげて遊んでいる子供たちのこと、

誰しも愛情をもって見てるとは限らないでしょ・・・

考え過ぎかな。

                                                    *******

私がおにばばだと、ムスメが悲しむかな・・・(^^;

でも、ダンナは「ちゃんと言え」と私の背中を押すのである。

                                                    *******

と、突然ですけど、ふと思い出したので・・・

「ダンナの武勇伝?」!!!

以前住んでいた街でのこと。

朝、通勤途中、最寄りのバス停までの道で

前方に数人の小学生の男の子たちがいた。

よく見ると、一人の子をターゲットにして蹴りながら歩いている。

しばらくは様子を見ていたが、ダンナは追いついて、声を掛けた。

「おいコラ、なにやってんだオマエら」

その中にいた、リーダーぽい子に更に言葉をかけた。

                                                     *******

ダンナ : 自分がやられたら嫌じゃないのか?どうなんだ?

男の子 : ・・・・・・・・

ダンナ : 何か言ったらどうなんだ?

男の子 : ・・・・・・・・

ダンナ : バカにしてんのか、おまえ・・・(!?)

                                                    *******

男の子があまりにスマした顔して無言のままでいるので、

反省してないと思ったらしい。

だけどよく見ると、男の子は完全に硬直状態だったそうだ。

フリーズ。

注意してきた大人をバカにして何も言わなかったんではなくて

震え上がってしまって言葉が出なかったのだ。

悪さを見つかっただけでなく、見知らぬ男の人に一喝入れられて

確かにビビらないわけがない。

気づいたダンナは、「悪かった、とにかく人を蹴っちゃダメだぞ」と

その場を離れたそうだ。

                                                    *******

男の子には悪いが、私は笑ってしまった。

ダンナは、決して脅したりしたわけではない。

結果的に恐ろしい思いをさせてしまったのかもしれないけど

きっと、悪いことはするモンじゃないと男の子の心のどこかに

響いてくれたと思う。・・・そう信じたい☆

それにしても

そりゃ怖かっただろうに、と思うよね。

                                                    *******

ほかにも似たようなことが1件。

電車の中で走り回っている子供がいたそうだ。

混んできたし、うるさいし邪魔くさい。

ダンナは、その子の頭をつかまえて

「ウロチョロするな」と言ったんだって。

そしたら、その子なんて言ったと思います?

「だって・・・ウ○チしたいんだもん!」

爆爆爆!!!

そうかガンバレ!、と開放したそうです。

                                                    *******

えー。誤解のないように申し上げておきます。

ダンナは、正義感の強い人ゆえこのようなことが時々あります。

私は、少々ヒヤヒヤしたりもしますが、

大抵はそういう行動力に感心しています。

昔はこういうおじさん、いっぱい居たでしょ?

まぁ、怪しい大人に声を掛けるのはして欲しくないけど

大人として子供にこういう風に注意をするダンナのこと、

私は責める気はありません。

                                                    *******

子供同士のこととはいえ、

放っておいて良いこととそうでないことの見極めって

けっこう難しいですね。

でも、子供たちに関しては

私はダンナを見習って、ガンガンいきますよ!

愛のムチってヤツですから(^^)

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

いた、いた。
昔はそんなオジサンもオバサンも。
いたずらしたり、危なっかしいことしてたら
怒られたり、注意されたり。
今となれば、それが懐かしいしタメにも
なっていたりする。
そして、そういう人のことは忘れていないよね。
ぜひ、kamiにはそういう記憶に残る
伝説のおばばになって欲しいわ!
私も記憶に残るおばばを目指したいな♪
>Uko
そうだよねぇ
でも、友達の話とか聞いてると
注意をしたらしたで問題になるし
そこまで口は出せないと遠慮すればするで
文句言われたりするらしいよ・・・
時代は人の心や文化も変えてしまうのね。
寂しいなぁ
昔から悪役が回ってくるタチの私。
頑張ります!
ありがとう!
賛成!賛成!
我家のそばにも、昔は注意するオバチャンがいたもん。
今は本当にいないよね。
せめて自分の子供くらいしっかり叱りなさい!!
って思うもん。
…と言いつつ、腹を立ててもなかなか注意できない私。
だってまだオバチャンだと思ってないんだも~ん♪
っていうのはナシ!?
>愛虎
・・・ナシでしょ。
でも、ま、年齢は気合いだから!(爆)
そうなのよね
自分の子に対してキチンと注意できない親御さんに限って
「お宅はどーゆー躾を?」って言ってきそう。
そんなことが発生しませんように・・・
でも
そういう経験も経て
オバチャンの貫禄が付いていくんだわ(哀)
プロフィール

kami

Author:kami
ここで好き勝手なこと
綴らせてもらいながら
毎日元気に生きています!

Welcome♪
最近のコメント
FC2ブログランキング
訪問ついでにポチッとお願いします☆

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

温泉でも行くか!
予約宿名人
飛行機で出掛けよう!
旅ポケドットコム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。