*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンナの武勇伝?

ダンナが酔っぱらったとき、

私にとっては寿命が縮まるような思いをさせられることも多々あるが

ハプニングとしては上出来というか、

いかにもダンナらしい振る舞いに

微笑ましささえ感じる出来事も少なくないんです。

酔っぱらっていない時でも

正義感あふれるダンナは、頼もしいほどの行動力があります。

だけど、そんな一撃も空振りすることがあったり・・・

そんな、「微笑ましい」方の出来事を思い出したときに

少しずつご紹介します。

(寿命が縮まった出来事を紹介するのは、

 たぶん途中で文章が怒りで乱れると思うので自粛します)

                                                   *******

あれは・・・

結婚した当初に住んでいた、川崎市内のS駅

忘年会だったんだっけ?(←ダンナに聞いてる)

そのS駅からの終バスはすごく早いので、

飲み会の帰りは必然的にタクシーを待つ。

その日も、タクシー待ちの行列ができていたという。

グデングデンではなかったけど、

それなりによい気分で酔っていたダンナは

もともと「並んで待つ」という行為が嫌いな人なので

タクシーを待つのもきっと苦痛だったに違いない。

そんなダンナは、酔いと眠気も手伝って、

待っている間立ったまま目を閉じていたそうなんです。

すると、自分の前の方から男同士がもめる声が聞こえてきた。

どうやら、タバコが煙いとかナントカっていう、双方同年代ぐらいの男性。

もめてるなぁ・・・とすっかり他人事だったのに

、たぶんそのお二方もお酒が入っていたんでしょうね

その言い合いは続いたそうで、

そのやりとりが耳に入ってくるダンナにとっては

それこそ煙たかったと思う。

時々目を開けては、自分の位置を前に進めつつ順番を待つ。

二人の言い合いは終わらない。

うるさいなぁ、メンドクセぇなぁ・・・と思った次の瞬間目を開けると

「オマエガワル・・・」と言いながら自分の手が、

「イ」で目の前で言い合いしてる人の頭の上に乗っていた。

そう・・・言い合いに無関係のはずのダンナは、

その言い合いがくだらない上にいつまでも終わらないことに

無意識に苛立って、『オマエが悪いっ』と、

独断で判決を下してしまったのだ!

さすがに瞬間的に我に返ったダンナ。

しかし、時既に遅し。

だって、自分の手が相手の頭のてっぺんにバシッと乗ったわけですよ。

そのまま素知らぬふりして、また静かに目を閉じ、

ただの順番待ちの一人にもどろうとした。

それからしばらくして、また少し順番が進む。

やっともうすぐ自分の番だ。

すると、その、頭に手を乗せられた人がクルリと振り返ってきた。

なんだ?と思ったら

『先ほどはどうもすみませんでした』と。

すると、その前にいた言い合いの相手も振り向き、

同じように謝ってきた。

二人して、関係のないダンナに詫びてきたのです。

あり得ない。フツーあり得ない。

たぶん・・・たぶんですが。ダンナが【怖い人】に見えたんでしょう。

濃い顔で酔っぱらってるので目つきも悪いし、

躰も大きく見られるタイプなので

きっと、怒らせたらヤバイの人だと思ったんでしょう。

謝られてしまったダンナは、

「イエイエこちらこそ」とお返事したそうですが。

帰宅してまず、自分自身で笑っていました。

                                                   *******

そんな男どものやりとりを

真後ろで聞いていた若い女の子(が、いたそうなんです)は

さぞかし列から逃げ出してしまいたい心境だったに違いありません。

でも、列から出たらタクシーで帰れない。

究極の選択、最悪の状況だったと思います。

かわいそうに。

                       *******

こういう、笑える話あるんですよ。

こういう感じで済んでるので、笑えるし

ヒトに話して楽しんでもらうこともできますけど

まったく・・・それこそ相手がアブナイ人だったら、逆にダンナが危ない。

最近は、何でも武器にして襲いかかってくる輩がいます。

俺は大丈夫充分闘える・・・なんて言いますけど

そのお腹じゃ闘うのも逃げるのも難儀だと思いますので

まずはダイエットですね(^^)

                                                   *******

正義感が強いのは、私がダンナに惚れた理由の一つですが

困った人を助ける行為が、

自分の身を危険にさらすことになりうる時代です。

夫婦から、ムスメが生まれて家族になった今

薄情と言われても、知らん顔をして欲しいと思ってしまう私は

間違ってるでしょうか・・・

大荷物で困っているお年寄りや

街中で道に迷って困っている身体の不自由な方とか

転んで泣いている小さな子とか、比ではない場合は別ですけど。

                                                    *******

ダンナ37才。8月に38才。

出会った頃より20kgも太ってしまいましたが、ま、それもまたヨシ。

お尻も大きくなっちゃったけど・・・そのケツ、好きだぞぃ♪

(ケツフェチな私)

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

kami

Author:kami
ここで好き勝手なこと
綴らせてもらいながら
毎日元気に生きています!

Welcome♪
最近のコメント
FC2ブログランキング
訪問ついでにポチッとお願いします☆

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

温泉でも行くか!
予約宿名人
飛行機で出掛けよう!
旅ポケドットコム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。