*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頼む、静かにしてくれ…

ムスメの学校の、創立記念。

今年は40周年なので
きょうは土曜日ですが、記念式典のため登校日。

午前中の式典で
各学年が、合唱や合奏、群読や朗読劇を披露してくれました。

「くれました」っつったって
最後まで見て来なかったんだ・・・

帰って来ちゃったんだ・・・




きょうの式典は、ひどかった・・・

アレじゃ、子供達がかわいそうだ。


まったく

ピーチクパーチクっていう表現がこれほどピッタリとは。

ウルサイったらありゃしないんだよ、おかあさん方。


わざとらしく振り返って見てやったけど、
目が合ったって、
「あ、もしかしてうるさかった?」と気づきもしない。

“静かにしてもらえませんか?”と言いたくてウズウズしたが
正義のつもりで発するその言葉が、
どんな悪影響を及ぼすともわからない。

こわい・・・

もちろん、知ってる人になら全然言うけど(笑)

さすがの私も、迂闊にそんな指摘などできない。
っていうか
しない方がイイかも…と思いとどまる。

それにしても

ムービーで撮影してたって
ステージで発表してる子供達の声なんて聞こえてきやしない。
周りの声ばっかり入ってくる。

一緒に見ていたママも、
「うるさいねぇ」とイライラしてる様子。

2人で、ちょっと、聞こえよがしに
 『おかあさんたちの方が賑やかだねぇ、全然聞えないわ』
と大きめの声で言ってみたけど
自分たちの声のデカさで、そんなのが届くわけがない(笑)


そんなピーチクパーチクに、かなりイライラしていた。

そう、イライラするくらいうるさかった。


そして
イライラする、他の要因も発生した。

体育館の後にはマットが積まれ、横には跳び箱が並べられている。
こういう集まりがあるときは
当然、そういったエリアは立ち入り禁止だ。

…そんなこと、いちいち言われなくてもわかるだろう的なレベルだけど
使用禁止、あぶない、と赤字で書かれた紙を貼ってるし
跳び箱には、黄色いテープで仕切られている。

小さいキョーダイたちは、マットの上で遊ぶ。
親が、そこへ放つのだ。

マットの方はね、まぁ、仕方ないよ。
ちゃんと親が着いていれば、そんなに危険性はない。

…ところが
ひたすら、うるさい。
キャーキャー遊びはじめる。
親は自分たちのオシャベリに夢中で、放ったらかし。
公園じゃないっつーの。

跳び箱は、台車の上に載せてあるために
高さがあるだけじゃなく、ユラユラと不安定に動く。
なのに
子供が何人か、跳び箱を渡り歩きはじめた。
私の真横にも、1人の男の子が行ったり来たりしていて、
周りを見回したが、親がくっついているわけじゃない。
ほったらかし状態だ。

4才くらいかなぁ、もうチョット小さいかなぁ。

1~2回は、黙っていたけど
3回目に来たときに、
オバチャンは、優しく言った。

「あぶないよ。ここ、だめなところだから、おりようか」

すると、その子は、無視して、また渡り歩きながら去って行った。

そして、
また来た。

跳び箱が、ガタンと音を立ててズレそうなくらいの勢いだ。

もう一度、声を掛けた。

「せんせいにみつかったらおこられるから、おりたほうがいい。
 あぶないからおりな。ここはだめだよ。おりな。」

すると、そのガキは、こう言った。


       うっさい



・・・。


んんん? なんつったのかなぁ?
もう一回言ってごらん?
オバチャン、今ちょっと体温上がったよ?


「あぶないから。おりな。おりられないならだっこしてあげるから。」


         うっさい。


「おりないなら、ママをよんでくるから、ママがどこにいるかおしえて」


       ずっといっててうっさい。 むかつく。



ムスメがもう発表してる合間だったので、
もう、そのガキを検挙しがてら親の顔を確かめてやろうと思って
そのガキを抱きかかえて引きずり下ろそうと(ごめんなさい口が悪くて・笑)
両手を伸ばしたら、
まるで山猿のように逃げていった。

ところが
跳び箱に乗っちゃってるのは
このガキだけじゃないのはもうご想像の通りで。

私がそのガキに色々言っている横で
そのガキよりもっと小さい子を上にのせて遊ばせている父親がいた。

私と、一緒にいたもう1人のママが、
そのガキに向かってアレコレ言っているのが、聞えないわけがない。
真隣にいたからだ。
聞えている証拠に、コッチをチラチラ気にしながら子供を遊ばせている…


 だったら下ろさんかいっ バカオヤジッ  (ごめんなさい口が悪くて)


小さいからイイわけじゃない。
おにーちゃんおねーちゃんの発表会は退屈だからって
自由に遊ばせてもいいわけじゃない。
退屈だっつって遊びたくなって静かにできないんだったら

  まずは注意せぇ。
  それでもダメなら
  外へ行け。
  連れてけ。
  連れ出せ。


そうこうしている間も、
ピーチクパーチク母軍団は、お構いなく喋っている。


私の隣にいた、誰かのお父さんも、限界だったのだろう。

振り返り、歩み寄り、
『静かにしてもらえませんか』と忠告してくれた。

ナイス☆誰かのお父さん。



不思議なモノで
これを、女性(おかあさん)がやってしまうと、
あとあと恐ろしい展開になりそうだけど
男性(おとうさん)がやると、
効果がある。しかも、無傷。

「おとうさん」って、誰のお父さんだかなかなか判別が難しいから
『恐ろしい展開』の対象になるリスクが低いんだな(笑)


…ウチのダンナはダメね。インパクトありすぎで面が割れてる(笑)


一緒にいたママも、こりゃ最悪だ、と
注意を呼びかけてもらうよう、先生にお願いしに行った。


合間の休憩時間に、先生からお声がけがあったけど
あの調子じゃ、治まりそうもないな。


そんなわけで

用事があってもう帰るという友達に便乗して帰って来ちゃった。
それ以上、その場にいたい気分じゃなくなっちゃって。

ムスメの姿はちゃんと撮影できたし。

本当は、式典最後の校歌斉唱までいたかったんだけど、
どうせ生徒全員立ち上がって保護者にはお尻向けて歌うだけだから
ムスメが見えるわけじゃないし、と
諦めて帰ってきた…



母校ではないけど、地元の学校だから
友達がいたし、今も保護者の中に同級生や先輩後輩がいるからさ(笑)
何十周年記念の式典なんて、在学中にあるなんて
ちょっと嬉しくない?
航空写真も撮ったりするんだよ。

こういうイベント、
たいしたことないし、写真だってお金がかかるのにって
鼻で笑って馬鹿にする人もいるけど

私は、こういうのってやっぱりちゃんと思い出になると思うんだよね。


静粛に。。。ってところまで望んでるわけじゃないんだけど
なんてゆーか、
子供達はこの日をすごく楽しみに、発表するものを練習して、
自分たちの通っている小学校を
代々の校長先生や地域のみんながお祝いしてくれるって言うことで
「すごいねー」っていう雰囲気になってるのに
親の、軽々しい気持ちで、そういうのを壊して欲しくなかったなぁ…ってね。


ルールや常識に縛られることも、必要なときがあると思うんだけどねぇ…

カタイのかなぁ、わたし(笑)




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
カタクない。

場をわきまえられない親がアホなんですね~e-281
ピーチクしたけりゃ式典に参加するなってことなんだよね
何しに来てんだ???イミわからないし

どっかのお父さんナイスe-287
No title
読んでいるこっちが腹が立ってきたよ!
こういう式典の場でもこうなのv-359
電車やスーパーの中だけの話じゃないのね。
しかもこういう親に限って、そこで怪我をしたら
子供が入り込めるような場所に跳び箱を置いた学校の責任を問うんだ。

ルールや常識は人として生きていく上で、絶対必要。
カタイなんてことはないない。絶対ない!

そしてこういう親が育てた子が、
そのままトコロテン方式で大学まで来ちゃうのね~。
行っても聞かないから、そのままトコロテンで社会に送り出しちゃってますがe-330
わかるぅ~~
うちのサロンの隣に空手道場があるんだけど
お迎えのママたちは、やっぱりおしゃべりに夢中で
迎えに一緒に連れてきたチビちゃん達が
見ていてあぶなっかしくて怖い・・・

マルイの駐車場から出てくる自動車の裏道で
細い道の割りに車の通りが多いのよ。

あまりにひどいと、なんだかイラv-359っとして
1回くらい轢かれちまえ~
と、思わないコトもないi-229
でも、事故があれば間違いなくv-448の方が悪くなっちゃうもんね。
それじゃ、運転手がかわいそうだ、って思うほど。

極一部の人なんだろうけどね。
目に付いちゃうんだよなぁ…
おまとめでお返事
v-238 みんな~ぁ v-238


みんな、一緒にイカッてくれてありがとう。

本当に、本当に、うるさかったの。
子供達も
あまりに場内がウルサイから
発表を初めていいのか戸惑う始末。
戸惑うせいで声も小さくなっちゃってさ…
せっかくこの日のために練習したのに…

せめて子供達の、「声」が聞えてきたら
スッと黙るもんでしょ?
…聞えないんだもん、聞いてないんだもん。
・・・まったく、呆れたモンだよ、ホントに。

Ukoの言うように
極一部の人、かもしれない
けど
・・・いやいや、多すぎるよ。
バカ親にクソガキ。 (ゴメンナサイね、ホントに口が悪くて~)

女はオシャベリが好き。
私だって、そう。
だから、怒ってるだけじゃなくて、
我が行動も、省みて、気をつけます。

周りを窺えない&雰囲気を察知できないなんて
ヤダ。
そんな空気読めないオンナになりたくない…

年を食ってオバチャンになっても
その辺は、イイオンナでいこうよね、私たちv-218v-392

プロフィール

kami

Author:kami
ここで好き勝手なこと
綴らせてもらいながら
毎日元気に生きています!

Welcome♪
最近のコメント
FC2ブログランキング
訪問ついでにポチッとお願いします☆

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

温泉でも行くか!
予約宿名人
飛行機で出掛けよう!
旅ポケドットコム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。