*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
取り返しのつかないミス

香川県で起きた、受精卵取り違えの事故・・・

そのニュースを伝えているテレビに向かって、

私は思わず 『何をやってんのよ!』と言ってしまった。

******************************************************************

不妊治療中の夫婦にとって、

『妊娠』することは、

真っ暗な闇の中、ずっと先の方にあるかどうかわからないくらいの小さな小さな粒程度の、見えるかどうかわからないくらい細い光で、でも、とてつもなく大きな夢で・・・祈りなの。

やっと、やっと妊娠までこぎ着けて、それでもこの子がお腹の中でちゃんと育ってくれるかどうか不安な日々を過ごす。

妊娠できなかった自分の身体の中で、無事に赤ちゃんを育ててあげることが出来るのかどうかという、誰にも答えなどわからない不安と闘うの。

それでも、そんな不安を打ち消しながら、妊娠した喜びと、出産するコトへの期待と、我が子と過ごすこれからの未来を想像して、自分が“妊婦”になったことの喜びをかみしめていくの。

*******************************************************************

こんな事故、あってはならない。あり得ない。

間違えちゃった

じゃ、済まされない。

やっと妊娠できたと思ったら、他人の子だなんて・・・

宿った命を、産むことのできない辛さ・・・辛さなんていう言葉じゃ間に合わない。

他人の子とはいえ、

その受精卵の主だって、その受精卵が「命」となることを深い深い気持ちで待ち望んでいたご夫婦だ・・・

この、二組のご夫婦の気持ちなど・・・計り知れない。

簡単に、想像も出来ない。

でも

もし私たちにそんなことが起こったら・・・と考えただけで、怒りで涙が込み上げてくる。

あり得ない。

********************************************************************

ある新聞の見出しで、

『相手夫婦に無断で中絶』と書いてあった。

それは、職場で目にしたんだけど、上司がそれを見て「ひどい話だなぁ」と言った。

私は思わず、頷いて、「あり得ないですよね」とこの事故の内容を口にしたら、その上司は詳しくは知らなかったようで(というより、見出しだけで全く違う解釈をしていて)、私の説明を聞いてびっくりしていた。

そのときに、私は、それが正しい表現とは言い難いけど、「つまりは、知らないうちに代理母になっちゃってたっていうことです」と話した。

確かに・・・いま思うと、その相手のご夫婦は、もしかしたら、自分たちの受精卵が、他人のお腹の中とはいえ命を宿してくれたのなら、この世に生まれてきて欲しいと思ったかも知れない。

だけど、この日本では、代理母出産は認められていないから、どっちみち、悲しい結論を出さざるを得なかったんじゃないかと思う。

少子化を叫ぶこの国で、無意味な制度や、酷い事故が多すぎるとは・・・悲しい。

*******************************************************************

このミスが発覚したのは、コレまでと違って、受胎も成功し、妊娠経過も良いことから、担当医師が「何かが違う」と確認したところ、受精卵の取り違いがわかったらしい。

あぁ・・・もう、胸が痛すぎる。

この病院で、不妊治療中の方や、受診経験のある方達から、苦情や相談が多数寄せられているそうだ。

「自分の時は、そんなこと無かっただろうか」

「治療中だけど、このまま続けて大丈夫なんだろうか」

まだまだ不妊にたいする認識の薄さや偏見があるのに、これではますます、子供を産みたいと望む女性が少なくなってしまうんじゃないだろうか・・・

******************************************************************

担当医師は、一人で作業をこなしており、ある意味激務だったのかも知れない。

事態に気付いたとき、(間違えたという)確率はわからないけど、不手際な操作をしてしまったのではないかという恐れが拡大して夜も眠れなかった、と会見で話している。

当然、わざとやったことではないだろう。

産婦人科医は、命の尊さを良くわかっている存在のはずだから。

申し訳ないという言葉や気持ちに偽りはないと思うし、医師自身、苦しんでいるのだと思う。

でも

取り返しの付かない事実が起きてしまって、それは、許すことのできない現実なんだよね・・・

*********************************************************************

当事者のご夫婦たちには、

それでも、このことを乗り越え、前に進むことを選んで欲しい・・・と、勝手に願いたい。

前に進むとは・・・夫婦にとって一番良いと思える方向を選択するということ。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

私もこのニュースには心が痛みました
と同時に行き場の無い怒りも!!
その後のTVで見た情報では別人のものと思われるその受精卵は、
40代の女性のものだった可能性が高いと。
中絶した20代の女性がクローズアップされて
今回の不祥事は公になったけど
この40代の女性の気持ちを思うと
さらに胸が締め付けられ、他人事ながら苦しくなります。
日本の不妊治療…
技術ではなく、気持ちの面でもっともっと高度にならなくては
本当の意味で、良くなっていかないだろうねぇ。
◆Uko◆
40代の方だったのか・・・そっかぁ・・・
ホントにそうなんだよねぇ
メンタルケアは本当に重要だと思う。
孤独な闘いだと言っても過言ではない不妊治療。
辛いニュースは、もう勘弁して欲しいね・・・
ホントにね。
子供を欲しいと願う夫婦にとっては、他人事ではないニュースでした。
日本の医療って一体どうなっちゃってるんだろうね。
国だって出生率を上げたいんだったら、定額給付金とかばらまかないで他にやることあるでしょうに~
こんなんやってたら世界からもどんどん見放されていくヨ~。
◆hirameちゃん◆
うんうん。
そう思う。
日本の、なんてゆーか、
全体的に質が下がってる感
最近、多いよね(^^;
倫理だなんだって、
難しいところを突き詰めたら
なんだって善いか悪いかわからなくなるけど
必要なことを必要だと叫んでいる声に
もっと耳を傾けて欲しい・・・
それだけなのにね・・・
プロフィール

kami

Author:kami
ここで好き勝手なこと
綴らせてもらいながら
毎日元気に生きています!

Welcome♪
最近のコメント
FC2ブログランキング
訪問ついでにポチッとお願いします☆

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

温泉でも行くか!
予約宿名人
飛行機で出掛けよう!
旅ポケドットコム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。