*All archives* |  *Admin*

2006/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手術翌日

きょうはパッと起きて、テキパキと洗濯して、支度して

お昼食べたら病院へ行こう!

・・・と思ってたんですが

なかなか起きられず、目が覚めても身体が動かず

結局、家を出られたのは2時をまわっていました。

                                          *******

病院に着いたとき、ムスメは起きていました。

ちょうどオムツ交換したり、モシモシ(聴診器)したりしていて。

顔を見せた途端に泣き出して、その後2時間ほど泣き続けました。

途中、看護師さんの許しを得て抱っこしたのですが

どこにも行かないで、置いていかないで・・・

と言わんばかりにしがみついてくる。

痛み止めを点滴で入れているので眠いはずなのですが

逃してなるものかと私の目を見たまま眠ろうとしない。

なんていじらしい、切ない瞳をするんだろう。

わたしは、ずっと傍に着いていたい気持ちと、

いたたまれず目をそらしてしまいたい気持ちでいました。

                                          *******

いつもムスメが笑うようなリアクションをしても、ニコッともしません。

一生懸命泣いて、泣くことでわかってもらおうとアピールをしてる・・・

                                          *******

入院⑨

 ↑ HCでこっそり撮っちゃいました。ムスメのモニター 

 

鼻から胃に管を入れているのと、

お腹がまだ正常に動き出していないので

ずいぶん吐き気があるようです。

心拍数が上がり、呼吸が荒くなる。目がキョロキョロと落ち着かなくなり

エッ・・・エッ・・・と吐きたそうにする。でも吐けない。泣く。

頑張って頑張って、吐いてスッキリする。

ウツウツウツ・・・と目を閉じていく。

疲れた顔して眠るムスメ。

                                          *******

6時になって、ようやく眠れた様子だったので

目覚めてまた泣かせてしまうよりは、と

後ろ髪を引かれながら帰ってきました。

帰りのバスで、思い出すと涙が溢れそうだから

心を無にするのに必死でした。

                                          *******

昨夜から今日わたしが病院に行くまでの間

暴れたり泣いたりすることもなく、

良い子だったとみんなに言ってもらいました。

我慢をさせてしまうのは辛いけど、あと1日・・・

そしたら、お部屋に戻って、一緒にいられるからね。

もう少し、頑張って!

スポンサーサイト
手術、おわりました

きょう、お陰様で無事にムスメの手術がおわりました。

まずは、手術までの経過を少々・・・

                                                    *******

入院した初日、心エコーの検査を受け異常なし。

 

 

入院①

↑ 部屋。

ベッドの柵にこうしてバスタオル等をかけて目隠し。

最初は『そこまでしなくても』と思っていましたが

            コレをすることによって、

            やっぱり気の休まり方が違いました。

 

 

2日目土曜日、造影透視検査。

3日目日曜日は検査なしで、のんびりと。

手術前日なのでお風呂も入れました。

 

 

 

入院②

↑ プレイルームで・・・

 私とダンナはコッソリ外に出てたのですが

 ムスメは、置き去りにされてることにも気づかず

             マンガを読んでいるお兄ちゃんに

             心を奪われていたようです(爆)

                                                   * * *

入院③

↑ ダンナと廊下を散歩中

病院ですが、こういうツーショットが私大好きです

 

 

.

                                                    *******

そして本日。

昨夜0時以降禁食。朝4時以降禁飲。

昨夜は8時半には眠ってくれて、途中ウンウン唸るも朝までグッスリ。

7時過ぎにはダンナも来てくれて

8時過ぎに、手術室へ。

 

 

手術入院④

↑ 中央手術室

ここには15部屋も手術室があるようです

この扉の中までは私たちも入れました。

 

 

移動するストレッチャーに乗せるときから、

ムスメは私にしがみついて泣き叫びました。

泣きながら移動し、手術室でも大泣き。

抱いてくれと両腕を伸ばされても抱き上げてあげることは出来ません。

一生懸命我慢していましたが、

耐えきれず溢れてしまいました、涙が・・・

一つだけ、小さいオモチャは持ち込みが許されたので

お守りを入れておいた小さなサシェを、

麻酔科のドクター(女性)に託しました。

お守りが入ってるから大丈夫だからね・・・

と泣きながらムスメに言っている私に

ちゃんと近くに置いておきますから(^^)と

ドクターが優しく言ってくれました。

泣いちゃうんだろうなぁと思ってはいたけど(自分がね)

本当に泣いちゃいました。

あれは、泣くなと言われても無理です!

                                                    *******

待合室は、思ったよりも狭く、

そして同じように手術が終わるのを待っている方々の多いこと!

私とダンナは、結局は病室に戻り、そこで待機していることにしました。

待っている間、時間の経つのが遅いのはもちろんのこと

気を紛らわすためにクロスワードパズルをやっていても

アレコレ違うことを考え始めて、トイレに行ったり洗濯しに行ったり・・・

ホント、何回トイレに行っただろう・・・廊下を何往復して、

何回「あ。」と独り言を言って向きを変えて歩いただろう。

自分でもおかしくなったのは

洗濯物を干してこなくちゃ!と慌てて部屋を出て行ったのに

途中で、洗濯はさっきとっくに干し終わっていたことを思い出したこと。

時計を見ると、ムスメが今どんな状態なのかと勝手に想像してしまうので

とにかくジッとしていられなくなっちゃう。

ウロウロしてました。

準備や片付けにそれぞれ1時間。手術に2時間とみても

おわるのはお昼か午後1時頃だろう、と聞いていたのですが

実際にムスメが手術室から出てきたのは、1時半を回ってからでした。

 

 

 

入院⑤

↑ ムスメは4号室でした。

まだ赤くランプがついています

 

 

.

麻酔からは目が覚めており、

私たちの顔を見る度に泣き出し、暴れました。

運ばれてきたのを見たときはまたウルッときましたが

ムスメの暴れぶりと(鼻に入れた管を抜いてしまいそうだった)

先生の報告を聞いたりで

それどころではありませんでした(^^;

                                                    *******

大部分が上にはみ出ちゃっていた胃も、

お腹を開けたときは腹圧の関係で

半分ほど下に戻っていたそうです。

癒着もどこにもなかったので、

引っこ抜いて元に戻すのは簡単だったようです。

内臓もそれなりに大きさがあったので、十分な処置が出来たとのこと・・・

あとは、リハビリをしながら回復を待つのみです。

                                                    *******

病棟に戻り、

ムスメはハイケア(high care略してHC)の部屋に入れられました。

無菌室ではないのですが、ナースステーションに隣接された部屋で

完全看護対象の子供が入る部屋です。

ムスメは、体力が落ち着くまでHCにお世話になります。

私はその間、通いです。

ムスメの傍にいたくても、

私たちの顔を見ると甘えて泣き出し、暴れ出すので

かえってかわいそうな想いをさせてしまいます。

明日からの通院も、朝から晩までの時間帯(面会時間外)で

付き添いを希望しようと思っていたのですが

それは、HCにいるあいだは断念することにしました。

疑うわけではなくても、我が子を人に任せるのは不安です。

まして、術後なので・・・

                                                    *******

術後のムスメは、

鼻からの管が苦しそうで、喉に溜まる痰を吐き出すのが辛そうでした。

恥ずかしながら

この不安ぶりをあえて隠さずに看護師さんたちに見せ、

どうかよろしくお願いします、と今日のところは帰宅してきた次第です。

私たちにとって、ムスメの存在がどれだけ大きいか!

どこの親子にとっても同じだと思いますが、痛いほど感じた日でした。

                                                   *******

また追って報告します。

ダンナが先に寝てしまったので、私もそろそろ・・・

おやすみなさい☆

                                                    *******

ムスメよ・・・よくがんばったね。えらかったよ♪

しばらくは自分自身で頑張らなきゃいけないことがあるけど、

大丈夫、すぐに良くなるし、元気になって遊べるからね!

今夜はゆっくり寝て・・・明日また行くから待っててね(^^)

がんばってくれて、ありがとう・・・

いよいよ明日から入院です

私の緊張が伝わらないといいなと心配でしたが

どうにか素直に寝てくれて一安心。

ところが、ついさっき泣き始めたのであやしてきました。

これは夜泣きでしょうか・・・今夜も大絶叫でした。

最近、時々こうして一度、急に泣き出します。

ひとしきり泣き終わるまで、私のあやす手もどかす暴れぶりでしたが

最後はギュゥッ・・・としがみついてきて寝るんです。かわいい♪

                                                    *******

さて。

明日からの入院で、

新たに揃える物など無いはずなのに、必要な物リストなど作ったり

かといってボーッとして準備する気にならない時間が多くて

アレコレ考えてばかりで

結局、ムスメが寝てからすごい勢いで荷造りしました。

                                                    *******

今回は、

今までの入院で得た知識をいかして、いろいろ用意したので

かなり大荷物です。

一番力を入れたのは食料品。

なるべく売店に行かなくても済むように、

レンジでチンするゴハンやインスタントものを揃えました。

そして

この入院を利用して、ちょっとダイエットしてみようかと思っています。

食事の代わりにカップスープを飲むっていうタイプのものです。

お手頃価格の物を購入してみました。

もともと太ってはいない私ですが

年齢とともに肉は付くし、産後で骨格が変化して

お腹のお肉がブリンと踊るようになってきてしまった・・・ヤバイでしょ。

これから夏だし。

ちょっと、気分転換のためにもチャレンジしてみます。

                                                    *******

来週、5日の月曜日が手術です。

また改めてご報告させていただきます。

                                                    *******

神様・・・ムスメに力を貸してください。

親心

今日は暑かったです。

ずっと窓を開け放していても暑いほどでした。

                                                    *******

午前中、下で同じ社宅の子供たちとママたちの声が聞こえてきて

ムスメもその声に反応してベランダに出たがったので

抱っこして下をのぞきました。

どうやら、これからみんなで出掛ける様子。

いつもなら、「おはよー!上から失礼(^^)」と声を掛けるのですが

ママ同士も会話が盛り上がっていた様子だったので

私はタイミングを取りあぐねていました。

ムスメが声を出せば気づくだろうと思って、

「ホラ、おはよーって言ってごらん♪」とムスメの顔を見ると

それはそれは、まるで自分もこれから一緒に出掛けるかのように

とても嬉しそうな、優しい笑顔で、下に向かって手を振っていました。

そんなムスメを見て、なんだかキュンと胸が痛みました。

無言で笑顔を振る舞っても、誰も気づくわけはなく

私は、気づかれる前に部屋に入りました。

「いってらっしゃい」と見送るのが、ムスメに可愛そうかなと思ったのです。

・・・ううん。もしかしたら、私自身が切なかったからかも。

私がみんなと出掛けたかったからではなくて

ムスメを、みんなと一緒に遊ばせたり、

お出掛けしたりしてあげられないことに

とてもとても胸が締め付けられました。

                                                    *******

もうすぐもうすぐ、今よりもっともっと元気になるんだから

そうしたら、みんなと一緒に遊ぼうね・・・

そうムスメに言葉をかけながら、ギューッと抱きしめました。

                                                    *******

今回のムスメのこと。

隠す・・・わけではないんですが、

なるべく人に言わないでおきたいとダンナと意見一致で

お互いの親・姉弟にしか言っていないのです。

今まで、子供が出来ないこと・流産したこと・・・などなどで

親戚の方々には

それはそれは多大なご心配を私たち夫婦は頂いており

もうこれ以上心配をかけたくない、という気持ちと

心配かけてばかりで申し訳なくて心苦しい、という気持ちと

知らないところで、ムスメのことを【かわいそうに】と言われたくない・・・

という気持ち・・・

確かに、こんなに小さいのに手術だなんて

【かわいそう】かもしれませんけど

私は【かわいそう】とは思いたくない・・・というか

そういう風に、ムスメのことを見て欲しくない・・・と思うんです。

人によっては、縁起の悪いことまで言う人もいるでしょ?

自分でもわからないけど、そういうのが嫌なんです。。。

困った性分です。

                                                    ********

日付が変わって6月1日になりました。

ってことは、明日入院です。(感覚的には明後日ですけど)

きょうはムスメのウンチを採取せねばっ!

いいウンチするんだ、コレが☆

プロフィール

kami

Author:kami
ここで好き勝手なこと
綴らせてもらいながら
毎日元気に生きています!

Welcome♪
最近のコメント
FC2ブログランキング
訪問ついでにポチッとお願いします☆

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

温泉でも行くか!
予約宿名人
飛行機で出掛けよう!
旅ポケドットコム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。