*All archives* |  *Admin*

2006/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気合いだぁッッッ!

ムスメの手術まで、あと1週間をきりました。

これまで、

まず検査入院が済んで一安心。

退院直後に風邪を引いてしまって、気が抜けない毎日を過ごし

手術前検査の日に、どうにか間に合って風邪がやっと治りました。

とにかく風邪が早く治りますように、間に合いますように・・・と

そればかりに気がいって、

手術まであと1ヶ月あると思っていたのに気がついたらもう・・・

                                                    *******

あぁ、緊張する。

不安?・・・不安とは違う気がする。

麻酔で眠っているムスメの顔や、手術室から出てくるときの様子など

(自分の経験から色々と容易に想像できてしまう)

どうしても頭に浮かんでしまって・・・

そんな痛々しい姿を見るのも当然切ないんだけど

不安とは違う。

                                                    *******

手術はうまくいく。大丈夫。

ムスメは、ダンナの子だもの。強運に決まっている。

それに

私の‘祈り’は絶対通じる。大丈夫。

                                                    *******

お風呂上がりに、ツルンとしたキレイな肌のムスメの裸。

あぁ、ここに傷を付けてしまう・・・

そう思いながら、ムスメのお腹をなでる。「ごめんね・・・」

せめて、傷跡が残りませんように・・・

                                                    *******

ダメダメ、涙はダメ。

弱気退散!!!

スポンサーサイト
手術前検査

今日は、手術前検査の日でした。

ムスメの、目覚めの時間・食事の時間・寝る時間・・・

午後1時の予約となると、調整がとても難しい。

でも、うまいことに、私の理想通りの時間に

偶然ムスメが動いてくれたので

予想外で順調に出掛けられました。

                                                    *******

待っている間に

先に受診していた、5~6才の男の子が

急遽、入院治療が決まったようで

その子のオカアサンは、

とても心配そうな顔をして息子くんの顔を見ていた。

その気持ちが、痛いほどよくわかった・・・

きっと、少し前の私もそういう顔をしてココに座っていたんだろうな・・・

                                                    *******

久しぶりに体重を計りました・・・ムスメがね(笑)

洋服を着たままで 8.05kg

おおよその数字ではありますが、

確実に増えているのがわかって安心しました。

そして、診察室へ。

                                                    *******

医: どうですか?風邪は治ったかな?

私: ハイ~、治りました♪(フフン)

医: おー!さすがオカアサンの気が通じたんですね!

医: 風邪が治ったとなれば予定通りに入院できるね。

ムスメ: アー☆

医: オー、元気元気♪ 一番良い時期に出来そうだね(^^)

   じゃ、モシモシ(聴診器)しようかな。

ムスメ: (終わると) アー♪

看: ご機嫌だね、ムスメちゃん

医: さて。今日は手術前検査で、心電図とレントゲンを撮ります。

    あと、採血ね。

私: はい。

医: それから手術だけど、

   ムスメさんの状況や環境(たぶん体格や体力的なこと)を考えて

   話し合った結果

   お腹を切ることになりそうです。つまり、(あばら骨の)下からね。

医: ムスメさんは、

   横隔膜ヘルニアの中の「食道裂孔ヘルニア」という症状になります。

   その中でも、ムスメさんのように大腸と胃が

   全部上に出てしまっているというのは、

   極極極、“希”です。

   ・・・大人ではけっこういるんですけどね、乳児はあまりいない。

   それで、この症状による合併症というのがあって

   一つはヒ臓。でもこれはレントゲンで見る限り大丈夫です。

   もう一つは、心奇形。心臓ね。

   これはもっともっと極々極々希ですけど。

   でもムスメさんは、チアノーゼが出てる様子もないし、元気だから、

   まず可能性はないと思うけど、万が一、それがあった場合は

   麻酔がかけられないからとりあえず手術はできないし、

   そっちの精査や治療が先だから

   入院してまず心エコーを取ります。

私: ・・・はい。(万が一って言われても、心配だよぉ)

医: それから、食道の部分なんだけど・・・(絵を描き始める)

医: ムスメさんの胃の形態だと、

   食道と胃の境目のところの弁がゆるくなっているので

   胃酸が逆流しやすいんです。胃酸はph1とか2の強い酸性なので

   逆流をしてると、食道が荒れて出血している可能性がある。

   胃潰瘍みたいな感じで。

   その出血があるのかどうか、便を取って検査します。

   (入院前日に便を採取)

   でも、もしこの出血が見られたとしても、

   手術には差し支えがないですから。

私: はい。

医: この症状があるとすると、

   食事がしにくいとか吐きやすいとかあるんですけど

   ムスメさんの場合、なさそうだしね(^^)

   ま、でもせっかくですからキチンと全部調べましょう。

医: 入院してからD医師(小児科医)が心エコーを撮ってくれますから。

私: はい。わかりました。

医: それじゃ、レントゲンと心電図撮ってきてください。

   終わったらもう一度戻ってきてください。

   その間、歩きながら何かわからないことや聞きたいことがあったら

   あとで言ってください。

   キチンと全部お話ししますから(^^)

私: はい。ありがとうございます。 じゃ、行ってきます。

                                                    *******

こんな風に話が進みました。

いくつかポイントもあったし、真剣に聞かなきゃと思えば思うほど

一つの言葉に対して脳みそが妙に固執しちゃったりして

何か聞き逃した気がしなくもない。

その場でメモを取りたかったほどなのですが

まぁ、たぶんコレで網羅されてるはず。

先生に言われたように、検査を終えて診察室まで戻るまでの間

独り言のようにブツブツ口に出して考えたりしたのですが

同じ事を繰り返しお話ししていただくだけのことしか思い浮かばず。

今夜ダンナに報告して、

ダンナから新たな質問があったら入院の日に改めて聞けばいいかな。

                                                    *******

ムスメ、すごく泣きました。

もうわかってるんですね、検査室に入るやいなや

『ぎゃーっ泣泣泣!!!』 です。

ムスメの受ける検査の場所(レントゲンやら心電図やら)って

お年寄りが多い。

すくなくとも、私の両親くらいの年齢以上の方々が多い。

だから、ムスメのようなチビが行くと、みんなの視線が一気に集中する。

「あらぁ・・・ちいさいのにかわいそうに。どうしたの」

口に出して直接そう言ってくるおばさんもいるほどです。

ただでさえ、そんな風に注目を浴びてしまうのに

それこそ火がついたように泣く。悲鳴まで上げる始末・・・

ガンバレ・・・ガンバレ・・・

部屋の外で待たされる私はそう唱えることしかできない。

かわいそうなんだけど、あまりのその泣きブリに笑ってしまうこともある。

病院に慣れてほしくはないけど、

毎回毎回そんな大暴れしなくてもイイじゃないの~

薄情な言い方だけど、その方が、ムスメ自身が楽じゃないかと思うと

母の心の中は複雑です。

                                                    *******

たくさん泣いたので、帰り道で寝てしまいました。

わたしは昼食抜きで行ったので、

帰ってきてごはんが食べられたのでよかったけど・・・

そろそろ起こそうかな。

夜、寝られなくなっちゃうからね(^^;

はじめまして♪

昨日、実家に行ってきました。

用事があって急遽行くことにしたのですが

一番の目的は、先日産まれた「甥」に会いたくて♪

良い天気で、久しぶりのドライブにはサイコーの天気でした。

・・・暑かったけどね(^^;

                                                    *******

会って、最初の一言は

「ちっちゃーいっっっ(>▽<)!!!」

Photo

←オバ(私)と甥

ダンナも私も、懐かしく、

でも新鮮な、その重みをこの腕に受け止めました。

あぁ、生まれたての赤ちゃんって、こんなにちっちゃかったっけ?

我が子を産んだのはたった1年前のことなのに

その小ささに・・・その健気さに、尊さに、心が震えました。

出産オメデトウ!なんて、今まで何度サラッと口にしてきただろう。

だけど、出産とか誕生とか生命とかって、

すごくすごく深くて大切なことだと

改めて思いました。

                                                   *******

クッキリ二重で、ママ似です。

イイ男になれよっっっ!

やっと

ムスメの風邪、治ったみたいです。

鼻水も流れないし、咳も出なくなりました。

よかった~

お陰で、本人も気分が良いらしく、

毎晩遅くまで嬉しそうに動き回っている始末です。

                                                    *******

きょうは蒸し暑かった。

数時間前にバーッと雨が降りましたけど、それでも蒸し暑い。

東京都では、8日ぶりの晴れで、気温も27度まで上がったようですね。

冷え性で多少の暑さは平気な私も、さすがに暑いと思いました。

嫌な季節です。

これから、湿度が高くてベタベタムシムシの梅雨が来るんですね。

夏バテはしないけど、梅雨バテする人なんです、私。

                                                    *******

最近、ちょっと肉付きがよくなってきてしまいました(恥)

そろそろ本気で気をつけないと、ヤバイ。

美人になれなくてもいいんだけど、

歳を重ねても、シャンとした体型でいたいと思ってるんですけどね。

食欲になかなか勝てません。

今日だって、買い物帰りに「オヤツ」を購入してきたんですけど、

その「オヤツ」とは

焼き鳥とビールですよ。

オヤジです、オヤジ。

ダンナのこと、デブだのオヤジクサイだの言えませんね・・・(笑)

大冒険

先日、病院に行った帰り

初めてバスに乗って帰ってきました。

ベビーカーで、ムスメと大荷物を抱えてバスに乗るのは大変なので

今まで行きも帰りもタクシーを利用していたのですが

ムスメも靴を履いて立てるので、どうにかなるんじゃないかと思って

チャレンジしてみたんです。

病院からは始発が出てるので、座れるし。

で、いざ乗ってみると。

私自身も、バスという乗り物に乗るのは数年ぶりくらいでしたし

(実はここに住んでからバスを利用したことがない)

あまり距離がないように感じていた道のりも、

バス停に止まる分遠く感じるし

ブレーキやカーブの時に、

こんなに揺れるモノだったかと再認識しました。

ムスメは、まだまだおとなしく座ってくれはしないので

私の足の上に立って、窓の外を眺めたりするので

バスが揺れる度にバランスを崩したりする。

これから何度か乗って、慣れれば

私もケアの仕方が身に付いてくるんでしょうけど・・・

降りるバス停に着き、私たちはエッチラオッチラ降りました。

                                                    *******

ベビーカーに乗せようと抱きかかえると、私にしがみついて離れません。

どうしたんだろうと思ったら・・・

どうやら歩きたいらしい。

人通りはもちろん、自転車やハトもたくさんいるのに無理だよぉぉぉ

・・・なんて思う私の気なんて知る由もない。

トコトコと楽しそうに歩き始めてしまった。

コレはもう私も覚悟を決めて付き合うことにしました。

こんな風に、手を引いて街中を歩く日がこうも突然やってくるとは。

嬉しいような、トホホのような・・・(←病院帰りで疲れていたので)

                                                    *******

横断歩道で抱き上げるだけでムスメは大暴れ。「おろせ」と(爆)

結局、車が少ない道に誘導しながら、トボトボと、

時々オットットと手を前につきながら

なんと、私の足で10分程度の道をムスメは歩いてしまったんです。

せっかくの「初・ウォーク」、

どれくらい時間がかかったか計る余裕などなかったのが残念です。

しかし

帰宅後は恐れていたことが・・・

いきなりそんな長距離を歩いたので相当疲れたんでしょうね。

号泣ですよ(^^; で、ヒックヒックしながら爆睡しました。

病院行ってきたばかりなのに、

また熱でも出しやしないかとヒヤヒヤしましたが

どうにか大丈夫でした。

                                                    *******

それ以来、

外はもちろん、家を出てすぐ階段を下らなきゃいけないのですが

私の手をふりほどいても一人で歩きたがる今日この頃です。

                                                    *******

この1週間頑張って薬も飲んで、ようやく鼻水が垂れなくなってきました。

まだ鼻の奥でズルズルいってますけど、これは治るでしょー!

手術まであと2週間。

その前に(来週)検査を受ける日までに、鼻も咳も治ってますように。

目標

昨日、病院へ行って

ムスメの手術日など決めてきました。

決めたと言っても、まだムスメの風邪が治っていないので

“仮”というか、“とりあえず”というか。

手術は、6月5日(月)に。

入院は、3日前にすることになりました。

手術前検査で26日に外来受診をしなくちゃいけないんですが

その時に風邪が治ってなかったら、迷わず延期になってしまいます。

治さなくては! なんとしても! 頑張ろう!ムスメよ!

先生も「治りますよーに☆」と、祈るポーズまでしてくださいました。

(良い先生だ)

                                                    *******

個室を希望したいのですが、お部屋代が高い!

保険で出るお金を考えてみても、

最低2週間の入院となると相当な金額になります。

それで、担当の先生に、

せめて手術当日から絶食が解けるまでは

個室にしていただいたりできないものでしょうか・・・と

恐る恐る聞いてみたら

それにあてはまる間は病院で預からせていただきますから・・・

って言うんです。

サラッと言われたのでサラッと「あ、そうなんですか」と返事をしましたが

思い直してもう一度「預かっていただくってことは・・・?」と聞き直したら

付き添いの私は一時帰宅させられ、

ムスメは完全看護状態になるということらしいです。

たぶん3~4日間。

先生も、部屋料金のこととかはこちらの気持ちを察してくれて

「高いんですよねぇ(^^;」って。

保険以外に何か援助的なお金が出るのか、

それとも入院内容的に配慮があるのか

多少金額は(安く)変わりますよ・・・と言ってくださったんですが

なんか、よくわからないし、

そこをすごく掘り下げて聞くっていうほどのことでもなかったので

テキトーに流して個室の話は終えました。

なぜ個室を希望するのかというと

一人の方が気楽で良いっていうのは言うまでもないことなんだけど

大部屋だと、色々な症状の子が詰め込まれてしまうでしょ。

検査入院してるときも、

先に入っていた子たちのうち、二人が

ウィルス性の肺炎で(当然監禁は解かれてたんだけど)

あとから来た子は、精神的なことからくる嘔吐症で

夜中ずっとオエオエだし

退院前夜に、隣のベッドに救急で入ってきた子は、

担当医が回診に来たとき「△△病と診ていいと思います」って・・・

えぇぇぇ???△△病???

△△病って、社会の教科書とかに載ってるような病気だったよね。

感染しないの?ねぇだいじょうぶなの?

隣のベッドっていったって配置的に密着なんですけどぉぉぉ!

・・・と、かわいそうだけど隣の子が咳をする度に

ムスメにタオルを被せたくなるような眠れぬ一夜を過ごしたのです。

もちろん、病気を憎んで人を憎まず、なんですよ。

でも

手術を控えているので、万が一移ってしまっては大変なんです。

もちろん、大丈夫だから大部屋に運んできてるんでしょうけど・・・

気が気じゃないですよ。

そういう余計なストレスが大部屋ではあるんですよね。

冷酷人間のような意見ですが、

自分のことならヒヤヒヤしながらもじっとおとなしく退院を待つでしょうけど

我が子のことですからね・・・つい神経を張り巡らせてしまいます。

まぁ、でも。

親の居ない環境に身を置かせるのはとてもとても、

私もダンナも心配なのですが

手術の後は仕方ない。

しっかりケアしてもらうためにも従うしかありません。

個室を希望する理由もなくなりました。

絶食が解けて、元気になったら、

大部屋でみんなと一緒にテレビを見ます。

                                                    *******

手術日、本当は今月29日(月)を希望していたんです。

手術自体は29日スケジュールとしてはナイスだったようなんですが、

病院サイドの諸々のスケジュールの都合でズレました。

私、特に信仰深いわけではないのですが、母親の影響(悪影響)で

つい暦を気にしてしまうタチなんです。

結婚式は大安がいいとか、お葬式は友引にしてはいけないとかの

「暦」です。

年末になると、本屋さんに

白い表紙の「観象宝運暦」なる本が並びますよね。

三碧木気性(私)とか五黄土気性(ダンナ)とかで、

毎日の暦とか運勢とか書いてある・・・

それによると、

5月12日が割と問題のない、良い運気の日だったんです。(ムスメ)

だから、検査入院する前は、

12日に手術してもらえるといいねって言ってたんですけど

その日に外来となってしまったので、ソレはソレで善しとして

希望した29日ではないにしても、12日に決めたことだから・・・

と思っています。

そんなモン、知らなきゃ何でもないのにね。

知ってしまうと気になってしまうんですよ・・・

                                                   *******

とにかく前向きに!!!

これは、私個人的な目標です。

                                                   *******

ムスメの風邪、昨日新たに頂いてきた薬がドンピシャ☆だったようで

鼻水も咳も治まってきています。

このまま治りますように・・・

と思っていたら、今度はダンナが風邪引いたようです。

仕方ないですね・・・こればっかりは(^^;

ソッコー病院に行ってもらって、薬を飲んでもらっています。

またムスメがもらっちゃったりしたら、手術云々より、

もうこれ以上どこにも行けず誰とも遊べずじゃかわいそうですからね・・・

                                                    *******

今日は一日雨でした。

このままグズグズした天気が続いて、

天気予報で

『どうやら数日前に梅雨入りしていたようです』って言うのかな。

もうすぐ一番嫌な季節になりますね・・・

                                          *******

体調崩さないよう、皆さんも気をつけてください。

産まれました!

今朝8時半頃、無事男児出産!

予定日より数日早かったけど、安産で、母子共に健康♪

これ、弟んちの実話です(^^)

弟んちには5才の女の子がいて、なので、二人目です。

うちのムスメの従弟です。子分ができました。フッフッフッ・・・

それにしても嬉しいですね♪

予定日が近づいてきて私まで密かに緊張していました。

ムスメの時の記憶が蘇ります。

不思議な気分です。

風邪が治ったら会いに行ってきます☆

そーいえば!

ムスメが、歩くようになったんですよ!

退院後、いつもよりよく動くなぁ・・・と思いつつハッと気づきました。

ムスメが何にもつかまらずに自力で立ち上がり

10歩・・・20歩・・・と、つかまらずに歩いていることに!

ビックリしました。

きっと、入院中、思うように動けなかったストレスが爆発したのかも。

                                                   *******

今日は、鼻水が少し垂れつつも回復の兆しが見られたので

せっかく天気も良いし、

連休後半になってもどこにも行けないのは嫌だと思い

バタバタと支度して外出!

家からそう離れていない場所で、子供向けのイベントをやっていたので

ソレを見に行こう♪と出掛けたのはいいのですが

歩きながら

はて。人混みの中に連れて行って大丈夫だろうか・・・

治ってきてるとはいえ体力は落ちているし

また新たに菌を拾ってきても大変だし・・・

うぅぅぅぅぅぅ~ん

やめとくかぁ。

・・・という結論に達したダンナと私。

結局、近所で買い物して、帰ってきました。

それでも

気持ちの良い風に吹かれて、ムスメもご機嫌だったし、ヨカッタです☆

                                                    *******

連休も、Uターンラッシュ。後半突入です。ってゆーかあと2日じゃんっ

あぁ・・・仕方がないけど、どこにも行けなかったぁぁぁ(泣)

来週の今日は、病院へ行き、

具体的に手術日などを決める相談をしてきます。

そういう話をしながらカレンダーを見ると、

希望として挙げようとしてる手術日まで、数えるほどなんですね・・・

数えてしまうと、また緊張してしまう。

大丈夫大丈夫。

「大丈夫だよね?」と、つい、ダンナに聞いてしまう。

「大丈夫だ」と答えるダンナ。

そうこたえが返ってくるとわかっていても、つい、聞いてしまいます。

医者でもないダンナに(笑)

                                                    *******

今夜は、何が楽しかったのか、

狭い家の中を何往復も歩いていたムスメ。

よちよち、よろよろ、ぶつかりながら、転びながら

イッチョまえにカバンを片手にぶら下げて

買い物行くフリなんぞするのです。

もぉメンコイったらっっっ♪

寝たの、12時です。

                                                    *******

そのあと、久しぶりにダンナと映画(ビデオ)を観ました。

明日に響きそうな時間ですが(もう4時だっ!)

ゆったりした気分になれたのは久しぶりです。

オヤスミナサイ・・・

気合い

ゴールデンウィークも、後半に突入してしまう。

ダンナがせっかく大型連休を取れたというのに

退院早々、私とムスメの風邪。

私はともかく、ムスメの体調を思うと、散歩に行くことすら迷う。

ってゆーか、行けない。

陽射しが暖かくても風が冷たい。

そんななかベビーカーで連れ回すことなど危険。

仕方ないので、

家の中でおとなしく閉じこもっているのだが・・・退屈だよねぇ。実際。

外の空気を吸わせてあげたい、

天気が良いから太陽の下で歩かせてあげたい・・・

あぁ、でも、もう少し我慢。

さっき寝る直前にグズって、

眠たくなったんだなぁって思って抱っこしてたら

ゲホッっと咳き込んで、オエェッっとしたので、

慌てておろして背中を叩いた。

なにやら喉の辺りを触ったりするし、泣いているので、

誤飲したのかと思ってマジ焦った。

飲んだら困るような小さい物は

手の届くところに置かないようにしてるし(当たり前)

日常的に発生するプラスチック系の細かいゴミや乾電池なども

以前は『あとで・・・』と思ってその辺においてたが

ソレもしなくなったし(コレも当たり前)

もし、今夜何か拾って口に入れたとしても

思い当たるのは、台所に落ちた、食べ物のかけら・・・(^^;

それにしても

普段からあまり吐くことのないムスメなので、

急にオエェとされるとビックリしてしまう。

とりあえず、オエェッとしたものの、

飲んだミルクが一口分だけ出てきたくらいで

泣きやむと同時に寝た。しばらく心配で何度も様子をうかがっているけど

ちょっと目を覚ましても吐く様子はないし、苦しそうにしてることもなく

いつものようにフツーに寝てる。

いま、肺炎になるマイコプラズムとか、

嘔吐・下痢の風邪が流行っているようです。

そんな症状の子供たちがたくさん来ている病院に行ってしまったから

もらってきてしまったんじゃないかと、過敏になってしまっているのかな。

手術を控えてる身だと、尚更油断ができない今日この頃です。

その前に、私自身も風邪を治さなければね。

疲れにつけ込まれているのか、それとも年齢のせいなのか

タダの風邪でも治りが遅いわ、ダメージ深いわ・・・参ります。

おまけに生理まで来るし。

生理といえば・・・

生理が来る前、イライラするっていう症状ありますよね。

あれのひどいヤツって、月経前症候群でしたっけ。

(正式名称、調べます)

たぶん、私、ソレかも・・・

ひどいんです。イライラが。何せとにかくイライラする。

もんのすごーくちっちゃな事でも・・・ピキッ☆ときてしまう。

おまけに自分で押さえられなくなって、

そのパワーの持って行き場に困るくらいなんです。

私の場合、矛先はどうしてもダンナになってしまうんですけど

さんざん大暴れして、翌日になって「生理が来ました」と謝るパターン。

今回、そのイライラぶりが自分でもすごくてビックリしてるところです。

病院に行って相談してみようかと思ってます。

やですねぇ・・・病院、あまり行かなくてもいい状態に早く戻りたいです。

気合いですね、とにかく気合い!

お風呂上がりに、顔をピシャッと叩いてみた私です。

ムスメの風邪も、早く治りますように・・・

結局・・・

夜になってムスメの熱が38度を超えたので

明朝まで様子を見ようかどうしようか、とダンナと悩んだ結果

眠れないのはかわいそうだということで

救急外来に行ってきました。

退院したばかりで、月末に手術も控えている身で

安易に風邪をこじらせるのもバカだし、

下手に薬を飲むのも怖いと思ったので

(手術前はなるべくクリーンでいた方が良いと思ったのです)

ムスメ自身は元気があったのですが、行ってきました。

結局、救急だと1日分の薬しか出されないので

明日、また改めて受診しに行ってきます。

救急外来で少し待たされたので疲れたのか、

帰りの車でムスメは眠り、グッスリ。

・・・ま、そろそろ起きるかもしれませんけど(^^;

救急外来で待っていると、

当然だけど、救急車で運ばれる方たちが入ってきます。

こんなに救急車って来るもんなのね・・・と思います。

ムスメより小さい子もいれば、お年寄りもいる。

親と同じくらいの人や、キレイにお化粧した若い女の子もいたりする。

健康でいることって、本当に有り難いことなんだなぁと

今夜も実感しました。

プロフィール

kami

Author:kami
ここで好き勝手なこと
綴らせてもらいながら
毎日元気に生きています!

Welcome♪
最近のコメント
FC2ブログランキング
訪問ついでにポチッとお願いします☆

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

温泉でも行くか!
予約宿名人
飛行機で出掛けよう!
旅ポケドットコム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。